最愛のモモを胸に抱きしめ、新たに綴るレオンと桃香と愛香のphotoブログです
にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
★マルチーズブログ村★
clickすると
可愛いマルチーズ達に
会えますよ♪

~Forever~
momo's smile
最愛のモモの死にあたり、
可愛がって頂いたみなさまへ
モモの笑顔をお贈りしたく
作成致しました
2007.9

お花の中で微笑んで・・・

笑ってくれる可愛い表情を四季折々のお花とともに残しました
2012.5




author **sofia**

【カメラ】
・EOS 70D
・OLYMPUS PEN Lite E-PL3
・EOS 50D
・EOS KIss DX
・COOL PIX8800
・LUMIX DMC-FX30

**モモ(♀)**
1997.12.19生(射手座)
2007.8.20 虹の橋を渡る
笑顔の可愛い娘でした

**レオン(♂)**
2001.02.02生(水瓶座)
ひょうきん者の弱虫息子♪

**桃香(♀)**
2008.01.12生(山羊座)
モモの生まれ変わり、
ハイパーな天真爛漫ちゃんです

【血統書】↓click


カード入会で2000円分の
お買い物ができちゃいます♪

楽天で探す
楽天市場

■ オススメblog ■
はじめよう、FC2ブログ!
画像容量は1G!テンプレートの種類350以上(共有含


■ レンタルサーバなら ■

momo&reonのmovieも
こちらから配信してます♪


気軽にデジタルスクラップブッキング
The Lilypad 
scrapbookgraphics.com

名前:
メール:
件名:
本文:


↑カード入会で2000円分のお買い物ができちゃいます♪


TOP > ARCHIVE - 2007年09月

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

**友からの贈り物と近況報告です**

2007-09-30 (Sun) 22:08[ 編集 ]
大変ご無沙汰してしまいました
たくさんの励ましを頂きながらも中々ブログの更新が出来ないままでした
ご心配をお掛け致しまして本当に申し訳なく思っております

いっこうに更新しないブログにも関わらず
毎日見に来て頂き、ランキングの応援クリックをして下さった方、
本当にありがとうございます
ある方はわざわざ、ランキングのバナーのある記事まで戻ってクリックして
頂いていたようで
そのお心使いにもう何と云っていいやら、こんなにも心やさしい人が応援して下さっている事を
とても嬉しく思い感無量です、ありがとうございます

早いものでもう来週には四十九日を迎えるモモです
モモのいない生活にまだまだ戸惑いながらも
たくさんのお悔やみのお言葉や、励ましのコメントを何回も読み直して
力をつけて頂きました

そして心温まる贈り物も頂き、感謝の気持ちでいっぱいです
みなさん、どうもありがとうございました



ジュンママから頂いた手作りのフォトフレーム
届いてふたをあけた瞬間、大泣きしてしまった私です
ちょうど友達が側に居て、友達も涙、涙、
ひとつひとつ手作りなのもさることながら、

t_IMG_18457.jpg

選んでくれたモモの写真が赤ちゃん時代、ロン毛時代、
メインには私がリメイクして縫い縫いした洋服を着たモモと、
このブログの中の写真をどれを使おうかと一生懸命探してくれたジュンママの気持ちを思うと
感謝でいっぱいになりました

ジュンママと初めてネットで2人でオフ会した方で
そのジュン君も去年虹の橋を渡って行きました
モモとジュン君は命日も一日違いで、やっぱり何か縁を感じてます

ジュンママ、ありがとね、お金で買えない最高の宝ものを頂きました

t_IMG_18502.jpg

モコモコママからは羊毛フェルトで作られた可愛いマルチーズちゃん
ピンクのベットとハートとケーキのクッションが一緒に入ってました
ママともネットでは一年ぐらいのお付き合いをさせて頂いておりましたが
今回モモの事でとっても心配して下さり、携帯番号を教えて貰い
初めて電話でお話させて頂く仲になりました
帰って来た時にランキング下がっていたらやる気なくしてもう帰ってこなくなるんではと
心配して私の知らないママのお友達にも声をかけて下さり、
毎日クリックして下さっていたとの事、
本当に何と云っていいのか、こんなにも思いやりのある方がいらっしゃるのかと
聞いた時は信じられないくらいでした

モコモコママ、たくさんお話も聞いて下さって、色々を気を使って頂き
本当にありがとうございます

t_IMG_18444.jpg

そしていつも可愛いお洋服を作って頂いていた、DOUBLE VANILLA さんから
桃色一色で飾られたお花を頂きました
そのお心使いがとてもありがたかったです
ちょうどモモの仏前に飾ってあった今回オーダーさせて頂いたお洋服
お葬式の日に届いて着せてあげる事は出来なかったのですけど
この可愛い服を着てニコッと微笑むモモが目に浮かびます
生前はたくさんの可愛いお洋服を作って頂いてありがとうございました

モモのお陰でかけがえのない友と出逢えた事、
今更ながら改めて感謝してるかーたんです

みなさまにはレオンの心配もして頂いてありがとうございました
レオンの近況はといいますと・・・・・


t_IMG_18468.jpg

なぜか女装されちゃってるレオンです
バヒィママがイヴちゃんの着ていた服を脱がして女の子に仕立ててくれました
これでモモちゃんを偲んで!v( ̄∇ ̄) と
さすがいつもバヒィママの思考回路にはタジタジしながらも
可愛かったのでみんなで大笑い~
本人は、またやられちまったぜ!っと固まってますよん

t_IMG_18481.jpg

おれっちも元気でし♪
モモたんの帰りをかーたんと一緒に今か今かと待ってるんだよ~
泣き虫かーたんの事はおりにまかせとけって!
いつもヨチヨチしてやってるからよ!っと
ほんとレオンがいてくれて感謝、感謝
いてなかったらと思うとぞっとするよ
んな訳で2人で元気にやっていますので安心してくださいネ
ただ、カメラを持ってブログのネタ作りの作業はまだ出来ないのです
なので、生前の北海道の旅行以後のアップ出来なかった写真でも
アップしてみようかなぁと思ってます
やめてた方がいいなぁどうしょうかなぁ・・・とまだちょっと思案中なんですけどねσ(^_^;)

久々にモモのランキングバナー復活させました♪いつも応援ありがとうございます
ほんと励みになりました
↓↓↓↓↓↓クリック、プリーズ!

にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
スポンサーサイト

**モモ、千の風になる・・・**

2007-09-12 (Wed) 01:35[ 編集 ]
先日からたくさんの方にモモの為にお悔やみのお言葉を頂きまして
ありがとうございました
一つ一つ読ませて頂き、感謝の気持ちでいっぱいになり
励ましの言葉に大変勇気つけて貰いました
普段からのお友達はもとより、初めてコメントを残して頂いた皆様、
たくさんのまごころとやさしさをどうもありがとうございました

元々、2004年の夏に心臓病を診断されたモモの為に始めたHP、ブログでありましたので
原動力のモモがいない今、続ける事の意味さえ失ってしまって・・・
今まで自身の泣き言ひとつ書かず、楽しい思い出だけを残して来たので
このような事はなかなか書く気になれませんでした
しかし、そのモモの為にけじめとして最後の日までの様子を残しておこうと思います

モモを病院から家に連れて帰り仏前に安置する
朝の勤行とモモへの追善供養の唱題をする
父に少し寝なさいと云われるが全然眠気はなし
次に何が待っているか・・・・
そう、愛しいモモの身体が無くなってしまう事
それを考えたらひとときもモモを離せず抱きしめていた
ずっとやわらかいままで温もりさえ残っていたモモ
本当に死んでしまっているのか信じられないくらいだった
首が坐らない生まれたての赤ちゃんのようだった

山本病院と きど病院にモモが亡くなった事を伝える
あれからまた容態の変化で山本さんに電話するも繋がらなかったので
きど病院に走った事、
きどのとこに行ったのか、いや、また何かあれば飛び込んで来られるだろう
と思っていたなどと云っていた
しかし山本院長はあの暴言を吐く人間とは思われないくらいに小さな声で
低姿勢な対応に変わっていた
最後に肝機能に問題があったような所見内容を伝えると
僕の考えでは肝臓はありえないと云われた
播種性血管内凝固が起きた原因は血栓がどこか致命的な箇所で詰まって
起きたのかも?という見解だった
ネオベッツまで行かれたという事ならこちらにも同じ所見が届くとの事で
しっかり見させて貰う・・・と?
生きている時にしっかり見ろと云ってやりたかった

きど病院に至っては短時間しか見てないのではっきり申し上げれないないとの事でした
もう完全に逃げ腰である

夕方から地域の婦人部の方がモモに題目を唱えて下さるとのことで
実家に連れて行く
何も食べていない私を心配して卵焼きやウインナー、
から揚げなどを作って持って来て下さって
本当にありがたい思いで手をつけない訳にいかず、卵焼きひとかけらだけ頂く
バヒィママも仕事が終わって駆けつけてくれた
モモを抱き上げたママはそのやわらかさにびっくりして、なんで?と
父がおのずと御書の一節を読む
日蓮大聖人は臨終の相に「死後」の状態が表れていくといわれている
「死して後 体内より水分去り 熱残る故 体温かく 軽やかに 鷲毛のごとし」
これ成仏のあかしたり
モモは人間ではないけど、見事に御書通りの成仏の相を表していた

事情はどうであれ、生きている者なら絶対確実に訪れる死の瞬間
モモの心は穏やかに死有の時を越えて行ったんだと思えた時、
それが何よりも私は嬉しく思い安堵した

家に帰りモモとの最後の夜を過ごす
友達からメールや電話が入り、今から行くわ、と云ってくれるも
今日はゆっくりモモと過ごしたいからと断わった
たくさん話をした
初めて逢った時に思いっきり一目惚れした事、
悪戦苦闘でがんばったロン毛時代、
離婚した時もずっとモモやマリリンや姫に癒して貰ってた事、
落ち込んだ日はモモを抱きしめると心が穏やかになった事、
モモが幼い時にはよくかくれんぼしてどっちの知能が上か張り合った事、
小さいレオンを迎えた時、母の看病で忙しかった私の代わりに
母となり嫁となってレオンの面倒をくれてた事、
母性本能が強く毎回想像妊娠してたまごちゃんを育ててたモモ
本当のお母さんにしてやりたかったんだよ
そして何よりも私の理解者だったモモ
最後の最後に私の腕に倒れこんだモモの想い、忘れないからね、と
約10年の思い出は次から次に甦って来た
モモの髪の毛をいじるのが大好きだった
この日も最後に前髪を綺麗に整えた
日頃くくっているゴムを外すとその後は頭部のマッサージをしてあげる
これが大のお気に入りだったモモ
マッサージする私もまあるいモモの頭を摩って癒されていた
モモのおでこから鼻にかけてのラインがとっても可愛くて好きだった
ゴムで仕上げる時に引っ張りすぎてお目目が開いてしまったよ
ごめん、ごめん、今日のリボンはどれにしようかぁ?ねぇモモ~と
やっぱりピンク色のお花のパッチンを選んだ

泣き疲れもあり朝方3時間ほどベッドでモモとレオンと寝てた

朝、婦人部長がお花を持って来てくれた
まだ温かいじゃぁないの、すごいねぇ、しっかり成仏したんだねぇと
おっしゃって下さった
続いて友達が来てくれた
今日は仕事で6時からの告別式には出れないので
出勤前に最後に会いに来てくれた
婦人部長に抱かれていたモモを抱っこしてあげてっと手渡された友達も
なんでこんなにふにゃふにゃしてるの?とびっくりしていた
婦人部長が題目の力なのよと友に教えてくれていた
この友とは宗教こそ違えど、お互い母を亡くしている事や
今年は愛猫を2匹続けて看取ったことも重なって日頃から死生観の話を
一緒に飲めば語り合っていた
この日も色々な事を語り合ってるうちに
今日の仕事は部下に任すと言い出し最後まで私に付き添ってくれた
モモは全身ピンク色だったけど、ソケイヘルニアの左足付け根だけ
紫色に変色していた
これも気になった私は山本院長に電話をし、変色している事を伝えた
答えは亡くなると血の流れが止まるのでその部分に血液が溜まったからで
その箇所が悪かったという訳ではないとの事だった
本当にそうなのか?専門的知識意のない私はまったく納得が行かないままだった

いよいよ時間が迫ってきた
実家にはもうモモとのお別れに集まって来て下さっていると連絡が入り
向かう用意をする
たくさんの方がお見送りに来て下さるとの事で
マリリンの時と同様、モモも移動火葬車の手配をしていた
ネットのお友達にもモモを6時に送る旨をお伝えした
九州のちゃちゃさんはかんなたんと公園で同時刻にお別れをしてくれたそうです
その時夕立もないのに虹が現れたとブログでその虹を見せて頂きました
北海道でお世話になったプーママ宅ではその時間はお仕事中だったとの事で
家に帰ってモモちゃん、逝っちゃったんだぁと想いを馳せて頂いた時に
普段絶対鳴らない、壊れてるのと違うのという風鈴が風も無いのに鳴ったんだよ
と連絡を頂きました
人知を超えたものって確かにあるんだと
きっとみんなの所にもモモはご挨拶に行ったんだろうなぁ
ちょとだけ私がいなくなる間、かーたんとレオンをよろしくです
すぐ帰ってくるからねぇとでも伝えに行ったのかなぁ

5時半から実家の御本尊前で支部婦人部長の導師の元、友人葬をして頂き
日頃からモモを可愛がって頂いた皆様にまごころの題目を送って頂いた
モモには私ががんばった時にプレゼントして頂いた思い出の数珠を持たせてやりました
misaちゃんも仕事を終えて駆けつけてくれた
そして最後にみんなに抱っこして貰ったモモ

葬儀社の方が来たとのこと いよいよだ
慌てるな、おろおろするな、毅然としてモモを送らなければと自分に言い聞かす
マリリンも姫も母も見送ったし大丈夫だ、しっかりしろ
頭の中が真っ白になる
バヒィママとホアピィがモモに添えるお花を茎の部分をせっせと
切り落として揃えてくれていたのを覚えてる
お花に囲まれたモモを写真に撮る
本当に天使みたいだった
まだいいですか?と言うと結構ですよ、ゆっくりお別れをして下さいと
またモモを抱き上げていた
愛して止まなかったこのモモの身体、
いつもかーたん、かーたんと云って伸ばしていた可愛い手、
何回も頬ずりした可愛いほっぺ
中々離せなかった、やっぱりダメだった
最後の扉の向こうに送る時は・・・・ここはもう書けない
今でも思い出すと涙が止まらない

その後、一時間半ほどで呼ばれた
お骨上げをして下さいとのことだった
遺骨を見た瞬間、母の時もそうだったけど何か一つ吹っ切れる思いがした
断ち切りがたい愛別離苦に一区切りを付けてくれるセレモニーなのかも知れない
みんなで外に出てお骨を拾ってもらった
のど仏はミッキーマウスのような形をしていた
まぁるい可愛いかった頭はそのままの形で残っていた
悪い所は黒く残るそうで、モモの場合、胴体下部が黒くなっていた
やはりソケイヘルニアの色が変色していたのと関わりがあるのではないかと
頭をよぎった
白い骨に青色の付着物・・・投薬の薬の跡だということでした

小さな骨壷に収まってしまったモモを抱く
たくさんの方に見送られモモは千の風になる

死という考え方に対してわが師は分かりやすく
「死とは睡眠によって明日への活力をたくわえるように、
法性にいこいつつ、次なる生への充電期間である、
決して忌むべきものではなく、生と同じく恵みであり、喜せられることである」
と、

死は荘厳なる次の生への出発と言う
ならば告別の儀式はその出発の儀式でもある

瑞々しい活力ある そして若々しい生命を具えて
モモも生まれてくるはずだ

モモは虹の橋の詩に書かれているような
私が死ぬまでずっと橋のたもとで待ってるような子ではない
相思相愛だった私とモモの生命は再びめぐり逢える縁をしっかりと結んでいると確信し、
すぐにでも私の元へ帰ってくるだろうと思ってやみません

モモと出逢えてかーたんは本当に幸せだったよ、ありがとうね
そして再び逢った時はまた一目惚れさせてよネ、モモ

※続きはモモの最後のお顔の写真や告別の時の写真などを載せてあります
トトパパ撮影
見るのは辛い、見たくないという方はご遠慮して下さいね


【続きはここをクリック♪】

**モモ・・・虹の橋へ**

2007-09-03 (Mon) 01:30[ 編集 ]
2007年8月20日、午前6:00 最愛のモモが天使になって虹の橋へ渡りました
突然の出来事にかなりショックを受け、ご報告するのが遅れてしましました
すでに状況をお知りになられて、心配して頂いた皆様、
本当に申し訳ありませんでした
そして暖かいお言葉、励ましのお言葉、ありがとうございました

何度も報告しなければと思いましたが、文章を書き出すや、
涙が溢れてなかなか書く事が出来ませんでした

初七日、二七日を過ぎ、少し落ち着きを取り戻してきましたので
心配して頂いた皆様にご報告はもちろんの事、自分自身のこれからの指針の為にも
書き残して置こうとの気持ちで書かせて頂きます
数日掛けて書きましたのでとても長くなっております
時間がございましたら読んでやって下さい
【続きはここをクリック♪】

 | HOME | 

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2007年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


→全タイトルを表示←

(C) sofia All Rights Reserved.

FC2Ad

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。