FC2ブログ
最愛のモモを胸に抱きしめ、新たに綴るレオンと桃香と愛香のphotoブログです
にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
★マルチーズブログ村★
clickすると
可愛いマルチーズ達に
会えますよ♪

~Forever~
momo's smile
最愛のモモの死にあたり、
可愛がって頂いたみなさまへ
モモの笑顔をお贈りしたく
作成致しました
2007.9

お花の中で微笑んで・・・

笑ってくれる可愛い表情を四季折々のお花とともに残しました
2012.5




author **sofia**

【カメラ】
・EOS 70D
・OLYMPUS PEN Lite E-PL3
・EOS 50D
・EOS KIss DX
・COOL PIX8800
・LUMIX DMC-FX30

**モモ(♀)**
1997.12.19生(射手座)
2007.8.20 虹の橋を渡る
笑顔の可愛い娘でした

**レオン(♂)**
2001.02.02生(水瓶座)
ひょうきん者の弱虫息子♪

**桃香(♀)**
2008.01.12生(山羊座)
モモの生まれ変わり、
ハイパーな天真爛漫ちゃんです

【血統書】↓click


カード入会で2000円分の
お買い物ができちゃいます♪

楽天で探す
楽天市場

■ オススメblog ■
はじめよう、FC2ブログ!
画像容量は1G!テンプレートの種類350以上(共有含


■ レンタルサーバなら ■

momo&reonのmovieも
こちらから配信してます♪


気軽にデジタルスクラップブッキング
The Lilypad 
scrapbookgraphics.com

名前:
メール:
件名:
本文:


↑カード入会で2000円分のお買い物ができちゃいます♪


TOP > ARCHIVE - 2013年09月

*桃香の病理組織検査の結果は・・・*

2013-09-21 (Sat) 00:11[ 編集 ]


先日9/18は抜糸する日であり検査結果も出る日でありました

ちょっと自分の中で整理する時間が欲しかったので検査結果をすぐにお知らせできませんでした

こんなこと書いたら・・・
結果が良くなかったってことがバレバレですね
とても微妙な結果だったのでちょっと私の頭の中での整理に時間が掛りました

そのことは後で述べたいと思います

包帯を外して抜糸してもらいマージン(切除範囲)を見るとかなり大きく削除されたのが分かります

t_IMG_2617.jpg

できものは約6mmの大きさだったのですが、
マージンは5cm超え、
悪性を想定して完全に取り切る方向での手術だったのが分かります

実は術前の針吸引バイオプシーでなにやらちょっとやばい細胞が見つかったとのこと、
その前からこれぐらいは切りますとは告げられていたんだけど
術前に発見されてより確実にマージンを確保して取り除いて貰えたようです


そのおできの正体は、
肥満細胞腫でした
悪性腫瘍です

良性であることを疑わなかった私としては青天の霹靂、
ただただ茫然でした


脂肪細胞腫については北千里動物病院のブログが分かりやすいと思います
 

t_img009.jpg 


病理組織検査報告書の記述は、

肥満細胞腫(Mast sell tumor) 
悪性腫瘍性病変である肥満細胞腫の浸潤性増生が認められました
隆起部の真皮から真下に及ぶ、小型腫瘍細胞の浸潤性増生が認められます。
増生する細胞は、クロマチン豊富な円形不整形骸と淡好塩基性・細顆粒状で豊富な細胞質を有する細胞境界明瞭な円形の腫瘍細胞で、細胞質にはトルイジンブルー染色でメタクロマジーを示す細胞質内顆粒が豊富に認められます。
中等度文化型(Patnaik Ⅱ型)に相当する肥満細胞腫で、腫瘍細胞間には好酸球浸潤も多数認められます。

腫瘍境界は不規則ですが、取り切れています。
検索した範囲内では脈管侵襲は見い出されません

※←画像はclickで拡大します

 





報告書の中で重要だったのは
中等度文化型(Patnaik Ⅱ型)に相当する肥満細胞腫だったこと、グレード2ということです

グレード2の再発率が44%なのをネットを調べてて知って愕然、
だたこのグレードも先生曰くあやふやな面もあるそうです
桃香はグレード2の判定でしたけど、増殖は緩やかで表面の脱毛はあるものの潰瘍化はしてなく、
悪性度の高いものは増殖が急速で、腫瘍の周りに炎症が起こり、赤みが強く、潰瘍化する傾向にあるようです
そしてこの腫瘍の特徴として、過剰に触ると肥満細胞の中にあるヒスタミン等の物質が放出され、
腫瘍のまわりが赤くじんましんのように膨れることがあるそうです

上記の現象は桃香には一度も該当しませんでした

そして、
腫瘍境界は不規則ですが、取り切れています。
検索した範囲内では脈管侵襲は見い出されません、との記述、

綺麗に取り切れて血液リンパへの浸襲はないとの事で一先ず安心、
しかし100%安心というワケではないそうです
やはり再発のリスクはいくらかあるようで、
ポツリとできものが出来たら早期発見すること、
反対にそれが出来たからと言ってすべて悪性とは限らないとのこと、

ハイ!おめでとう!完治しました!とのキレの良い結果にはならなかったのがちょっと気掛かりではありますし、
色々ネットを検索すればまた疑心暗鬼に陥ったりするのですが、

これといった予防策もないわけで、
あっ、肥満細胞なので太らさないとかっていうのは全然関係ないそうです

一応今のとこ抗がん剤とかステロイド治療もしなくていいみたいで
まぁ、またおできが出来てから考えましょうってなことでしょか・・・(*´_`*)
しかしそんなもんにこれからビクついて生活するのもなんだし、
で、
この結果を聞いてこれを書いてる今は
すべてに感謝して、
大丈夫、桃香は治った!完治した!そう思う事に決めました

ビクビクして過ごすより笑って過ごす方が断然良い未来を呼び込みそうですもんd(*^ω^*)ネッ!
そう思いません??(笑)

それにね、心配そうな顔してたら桃香は顔色見る子だからすぐバレるのよ
なので笑ってる方が安心すると思うしネ

t_IMG_0740.jpg


当の本人は煩わしい包帯も取れて一段とパワーアップ!
毎日ヒャッホ~!と過ごしてます(笑)

力強い桃香に悪性おできなんか舌撒いて退散して行くよきっと!(*^▽^*)b ネッ!

今回桃香のことでは
お友達やネットの中のお会いしたこともないあなたにも大変ご心配を頂き感謝の気持ちでいっぱいです
たくさんの励ましを本当にありがとうございました(*'-')o(*,",)oぺこり
これからも桃香に温かいエールをよろしくお願いします!

そして前回コメント頂いただけでもなにかしらの小さなおできを確認されてるオーナー様も少なからず、
近年こういったデキモノが増えつつある傾向だそうです
良性の方が多いのですが、
良性悪性の判別は見た目では難しく、脂肪細胞腫は「大いなる詐欺師」の異名をもつほど多彩な外見を示すようです
確かに桃香も見た目判断、セカンドオピでも大丈夫、様子を見ましょうとの診察でした
そっちを信用していたらと思うとちょっとゾッとします

良性のできものははやり時間の経過に従って消えて無くなるか退化していくものが多いそうです
桃香は出来てから時間を掛けて大きくなり、その形態を変えず消えるわけでもなく
ずっとそのままの形で数か月存在していました
これが切った方がいいと言う最初の判断になりました

この辺りの判断は難しいものと思いますが、どこかで同じ悩みを抱えてここに検索で辿り着かれたオーナー様に
少しでも参考になればと思い書き残して置きます
私自身もたくさんの肥満細胞腫と闘った否、闘ってるブログを参考にさせて頂きました
ありがとうございました


このブログは ★にほんブログ村ランキング★ に参加しています
※一日1クリックで10ポイント加算されます 
このブログを応援してやろう!って方は下↓↓↓バナークリックでよろしくお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村 
いつもありがとございます

●9/22追記
たくさんのエールのコメントありがとうございます
明日以降にゆっくりお返事させて頂きますね、
ほんとにありがとう~!(*'-')o(*,",)oぺこり
 
スポンサーサイト



 | HOME | 

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2013年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


→全タイトルを表示←

(C) sofia All Rights Reserved.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...